保育士になる転職への道

subpage01

すっかり男女均等のイメージで保育士で統一されて久しくなります。



現在ではドラマや漫画で扱われる機会が多い業種です。90年代頃から認知や法改正であたりまえになってきました。



昭和の頃には人気漫画の主役が最終的に保母さんならぬ保父さんとなりました。



いまでは待機児童の問題が全ての都道府県で問題となっています。



なんとかゼロにするための働きかけが進んでいます。
一方では保育士さんの人材不足の問題が同時にあります。自分の子供が生まれるきっかけで30歳を目途に保育士に転職される方がいたりします。
保育士には専門学校を含めて短大や大学2年程度の見込みがあればなることができます。


国家資格として児童や保育に関する教科や児童向けの音楽や造形の実技があります。



そのまま幼稚園の教員免許をとる場合が多くなっています。



働き先は保育所だけではなく児童福祉施設関係に就職することができます。

男性が転職してなられた場合は女性ばかりの職場での力仕事、運転や不審者対策で非常に安心されることが多いです。
また児童から見ても男女の違いや男女別の用件ではやはり男性がいることが望まれています。
現在、男性が積極的に育児に協力するいわゆる”イクメン”が多くなる中、転職して保育士となられる方への意識が出てくる方が現場は助かることになります。


ドラマではあいかわらず男性が重要なキャラクターとして登場してきます。
男性も女性も均等に仕事や育児にだんだん平等となっています。

関連リンク

subpage02














保育士になる転職への道

すっかり男女均等のイメージで保育士で統一されて久しくなります。現在ではドラマや漫画で扱われる機会が多い業種です。...

NEXT
subpage03














保育士に転職してみませんか

生きていくためには、仕事をしなければなりません。そして出来るのなら、楽しくてやりがいのある、そして自分が必要とされている仕事をしたいと考える方が多くいます。...

NEXT