保育士の転職は勤務時間で選ぶ

subpage01

入園前の小さな子供がいても夫婦共働きで働く家庭は増えていますが、それと同時に増え続けているのが待機児童の数です。
地域によって待機児童の数や保育施設の数は違いがありますが、未就園児であれば受け入れてくれる保育施設の数も限られているので、認可保育園だけでなく無認可保育園でも保育施設の数は足りていないことが多いです。



そして保育士の数も少なく、保育士不足になっていることがほとんどです。



保育士も看護師同様に女性が多く、結婚や出産により辞めてしまう人も多いので、それが不足の原因になっています。

ですが資格を持っている人であれば自分の育児がひと段落することでまた保育士として働きたいと考えている人も多く、保育士としての転職先を探す人もいます。

育児中の人であればフルタイムで働くことは難しいこともあるので、延長保育の時間の短時間勤務を転職に選んでもいいでしょう。



夕方の時間帯であれば預かる人数も少なく、昼間の時間の保育よりも楽であることも多いです。



また、女性が多い職場ですから、勤務人数の少ない夕方の勤務のほうが精神的にストレスを感じずに働けるようなこともあります。



昼間の勤務が難しいようであれば、時間をずらした勤務で転職を探していくという方法もあるので、場所だけでなく勤務時間からもいい転職先を探していくといいでしょう。
また、土曜日や日曜日に営業している保育施設もあるので、そういった施設も探してみるといいでしょう。



関連リンク

subpage02














保育士になる転職への道

すっかり男女均等のイメージで保育士で統一されて久しくなります。現在ではドラマや漫画で扱われる機会が多い業種です。...

NEXT
subpage03














年齢なども考慮しながら進めよう。保育士への転職

保育士への転職を考えている方に転職の極意などをお話しします。保育所は県や市が運営する公立保育所と企業や法人など団体が運営する民間保育所に分かれており、正社員、パート、アルバイト、派遣など雇用形態も様々です。...

NEXT