年齢なども考慮しながら進めよう。保育士への転職

subpage01

保育士への転職を考えている方に転職の極意などをお話しします。



保育所は県や市が運営する公立保育所と企業や法人など団体が運営する民間保育所に分かれており、正社員、パート、アルバイト、派遣など雇用形態も様々です。

保育士になりたいと思った方でなおかつ正社員になりたい方は定年まで働き続けたいか、そうでないかで勤め先が変わってきます。



先ほど挙げた民間保育所は20代から30代ぐらいまでのスタッフが圧倒的に多く、仕事内容や給料面など厳しいところも多いので、結婚したら辞めるという方も多いです。一方公立保育所では保育士という専門職の「公務員」としての各都道府県や市町村で雇用されますので、給与や福利厚生なども安定しているので、結婚や出産、育児などを経て長く働き続ける方が多いです。



これから転職を考えられている方は自分の年齢やこれからのライフプランなども考えた上で準備をしていきましょう。

20代後半から30代にかけての方で今から専門学校に通われるという方で正社員を目指しておられる方は市や県が募集する試験を受けて公務員として働く方が長い目で見て賢いかもしれません。



なぜなら、民間保育所では自分より若い保育士が多く、なじみにくい場合もありますし、やはり給与面などが低いと安定して生活を送ることが難しいからです。



保育士は子どもが好きだけで成り立つ職業ではありません。



先生同士や親との関係も以前に比べて多様化していますし、子どもの発達障害などが増え、頭を悩ませる先生も多いです。

そういった働き始めてから出てくる心配事なども考慮しながら転職についてじっくり考えていきましょう。

関連リンク

subpage02














保育士に転職してみませんか

生きていくためには、仕事をしなければなりません。そして出来るのなら、楽しくてやりがいのある、そして自分が必要とされている仕事をしたいと考える方が多くいます。...

NEXT
subpage03














保育士の転職は勤務時間で選ぶ

入園前の小さな子供がいても夫婦共働きで働く家庭は増えていますが、それと同時に増え続けているのが待機児童の数です。地域によって待機児童の数や保育施設の数は違いがありますが、未就園児であれば受け入れてくれる保育施設の数も限られているので、認可保育園だけでなく無認可保育園でも保育施設の数は足りていないことが多いです。...

NEXT