保育士の転職の魅力について

subpage01

保育士の転職には多くの魅力がありますが、自分のライフスタイルや特性にあった職場で働けることです。



保育士の就職先として保育所と児童養護施設や情緒障害児短期治療施設といった入所型の児童福祉施設の大きく2つに分かれます。



前者は日中、子どもを預かり保育するため昼間の勤務となりますので規則正しい生活ができます。



一方、後者は24時間体制で子どもの生活を支えるため夜勤を含む交代制勤務や住み込み就労をとるところが多く、変則的な勤務なので体力的に厳しいことも多いです。



また近年働く女性の増加とともに保育所の利用は一般的になりましたが、児童養護施設等の入所施設は児童虐待など様々な事由で家庭で生活できない子どもが利用するので、家族調整や虐待の後遺症のケアなど様々なことが求められます。


入所後、落ち着いた環境で生活する中で子どもは今まで抑えられてきた様々な思いを問題行動として示すことも多く、その対応に苦慮する保育士も多いです。



しかし24時間体制で生活を支えているので子どもたちとの接触は保育所よりも多く、子どもの成長を実感として感じることが多く、その分喜びも大きいです。


そのため、保育士は自らの子育てをするまでは不規則勤務がこなせるので施設で働き、子育て中は規則的な保育所勤務に転職するというようにライフスタイルに応じた職場に転職できます。


また保育所に勤務していたが、自分の特性からすると施設勤務の方があうと思った時は転職することで自分にあった職場で働くことができます。



関連リンク

subpage02














保育士に転職してみませんか

生きていくためには、仕事をしなければなりません。そして出来るのなら、楽しくてやりがいのある、そして自分が必要とされている仕事をしたいと考える方が多くいます。...

NEXT
subpage03














年齢なども考慮しながら進めよう。保育士への転職

保育士への転職を考えている方に転職の極意などをお話しします。保育所は県や市が運営する公立保育所と企業や法人など団体が運営する民間保育所に分かれており、正社員、パート、アルバイト、派遣など雇用形態も様々です。...

NEXT